25歳の選択について

御無沙汰しております。むかひちゃん(@mkhrk_ss)です。

相変わらずブログが続かない体質ですがお付き合いください。

 

せっかく、アニメもお酒も外食もコスメも好きなのだから、

これが良かったあれが良かったとか、有益なこと書けば良いのに、

ついつい自分語りをする癖があります。(そして消しがち)

 

 

26歳になりました

2/19に26歳になりました。普通に会社で過ごしました。夜は会社の同僚がピザおごってくれました。ヤッター。

ツイッターでもプライベートでも、お祝いしてくださった方、ありがとうございました。

 

25歳の選択

思えば去年はまだ水商売をしていたので、店で25歳の誕生日を迎え、当日の昼間もお客さんと過ごしていたのを覚えています。

 

よく「水商売なんて金銭感覚が狂う」なんて言いますが。

金銭だけではなく、人を見る目だったり、自分の身体を大事にすることだったり、

確実に色んな感覚が狂っていくのだなと、今になって思います。

 

25歳の夏、転職をしました。

昼アパレル夜水商売という一日中喋りっぱなしコンボを丸一年続けていたら結構身体が限界でした。よく生きてたな。

 

2年ぶりのシステムエンジニア

(見出し付けるほど威張れる話ではないんですけど。)

 

新卒でSEやってたんですけどクソ迷惑なことに1年で身体壊して休職→退職キメてるので、トラウマというか、もうあんな目には遭いたくないという思いから、この業界には戻らないつもりでした。

つもりだったんですけど、よく考えたらダブルワーク(一日最大16時間労働、月1休み)を1年続けてきたので、もうこれ以上怖いモンねーなと思って。

 

ある日、酒の飲みすぎで家で吐いて泣きながら友人に電話をして「もういやだ~!!!!」とメンヘラ顔負けの悲鳴をあげていた翌日、もう絶対転職してやる…と決心。

思い立ったが吉日、その日に受けたい会社にメールを打ち、翌週には面接、採用が決まりました。あの一週間は鬼のスピード感だった。社長に頭が上がらない。

 

転職して半年ほど経ちましたが、職場にも慣れ、割と(いやかなり)リラックスして働いています。 

慣れすぎて最近ちょっと威張っているので、かっこ悪いから嫌だなと思う今日この頃。

 

26歳、いい女になる

26歳のテーマはズバリこれです。恥ずかしすぎて書くのもキモって感じですけど。

 

なんていうか社会人になって家を出てもうすぐ丸4年、

「自分が生きていければいいや」っていうスタンスで生活しているので

掃除も片付けも苦手だし料理も何が面白いかいまだに分かんないし年々酒の飲み方が悪くなってるし金遣い荒いし圧倒的に人間力が底辺。

 

意味的には「いい女」というより「まともな人間」ってテーマにした方がいいんですけど、そうすると現在まともじゃない感がすごいので「いい女になる」というテーマを掲げています。

 

ハタチくらいのとき、私はめちゃめちゃ食べ物の好き嫌いが激しくて、

当時付き合っていた人に「それ結構恥ずかしい人間だよ」と言われたのがショックで、それ以降嫌いな食べ物を克服しまくったのが近いニュアンスかもしれない。

つまりそろそろ自分を「恥ずかしい大人だな」と自覚し始めたんです。遅いか。

 

まあ、これも酒飲みながら書いてるんですけど!大人になるって最高!

 

 

 

せんだいアンデパンダン展ありがとうございました

お疲れ様です。むかひちゃん( @mkhrk_ss )です。

 

 

 

2017年のせんだいアンデパンダン展(以下、あんぱん)が終了しました。

今年もありがとうございました!会場は中本誠司現代美術館でした!

 

今年の出展について

今年はイラストレーターおさしみちゃん( @ossm_ls )とのユニット

[ MentalHz ](読み:メンタルヘルツ)名義での出展でした。

私の詩におさしみちゃんに絵を描いてもらいました。

 

ちなみに去年は[ YAMAKENさんとMentalHz]という名義でパフォーマンス部門だったのですが、覚えていらっしゃる方はいるのでしょうか。(県外から見に来てくれた友人も。ありがとう!)

 

http://mkh214.tumblr.com/post/151379258092/20161002-せんだいアンデパンダン展

mkh214.tumblr.com

 

 

今年の作品について

せっかくユニットで出るので、おさしみちゃんへの敬意も込めて作品を書けたらいいなと思って臨みました。全文は近々Tumblrにupしておこうと思います。

 # ちなみに去年は朗読で出たので、リアル感が欲しいということもあって作品をupしていません。動画をupして欲しいとヤマケンさんに1年くらいお願いしています…(笑)

 

詩を書き始めて10年になりますが、ず~~~っと湿っぽい作品を出し続けていたしそれが自分だと思っていました。実際そうなので。

誰にも排出せず、ただただ文字列にしてネットに上げ続け、誰が読んでるかも分からなかったけれど、それで良いと思っていました。

 

それが去年、frankly展への参加、あんぱんへの参加を通して人に見られることを知って

「何か伝えたいことってあったっけ」と考えるようになり始めました。(正直当時はあまりなかったです。特にfranklyに出した作品はマスターベーションだったと思います。2016あんぱんは別のコンセプトがあったので自分の伝えたいこととかは度外視できましたし)

 

ちょうどその頃あたりから「自分を奮い立たせる詩」を書くようになりました。

理由は”強くなりたかったから”です。書けば強くなれるような気がしたからです。

それも結局は自分のためだけに書いていたけれど、書いたら本当に自分が強くなったような気がしてきました。私生活を頑張れば頑張るほど、自分が強くなる必要があったし、その為に奮い立たせる言葉を書けば書く程、強くなったような気がしました。

 

病気だのメンヘラだの薬だの酒だの男だの自殺だの、めそめそしながら書いてた詩も好きです。愛しています。

 

 

だからこそ、言霊みたいなものを感じました。強気な言葉を書いていれば強くなったような気がするし、気が付けば病気だのメンヘラだの(以下略)を忘れて私生活を頑張れている自分に気付きました。立ち直ったような気がしました。もちろん環境の変化も大いにありますけど。

 

それは幻想だったかもしれないし今も目を背けているだけかもしれないけど、それでもいいけど、今は「強い言葉を放っていれば強くなれる(かもしれない)」という言葉の強さを信じたくなりました。

 

「何か伝えたいことってあったっけ」、それは、言葉の、自分への、影響力かもしれない。そう思って今回のあんぱんへ臨みました。簡単に言うと「自分に言い聞かせる」っていうだけなんですけど。

いつだってまた挫折をするし、めそめそするし、それでも良いです。良くないけど。できれば強くありたいよね、言い聞かせであったって。

 

イラストとの親和性について

詩ってどうしても、いまだに「ポエム(笑)」という認識もあると思うんですよね。それで良いと思ってもいますけど(でも最近、詩、流行っていますよね。最果タヒさんがとてつもなくすごいからだなぁ。)。

普段詩に馴染みがない人でも目を留めて欲しかった、それはおさしみちゃんのポップでシンプルなイラストとすごく相性が良かったんじゃないかって思っています。結果論ですけど。

何より私は彼女の絵のファンなので、一緒に作品にしてもらえたことが嬉しかったです。

 

彼女の絵は、シンプルなのに、女の子なのに、まろやかでちっとも鋭利じゃなさそうな線をしておいて心臓にグッと刺してくるから好きだ。

結局私の詩は「女心」に尽きるので、彼女の作品の醍醐味でもある「アンニュイな女の子」に出会わせてくれて良かった。

 

 

今後の予定

ないです!!!!!!!!!!

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。