#怖いに尽きる

こんなにか?ってくらいに、過去に囚われすぎている。
いじめ、母子家庭、虐待、借金、精神病、自殺未遂、水商売、DV、人生クソいらん苦労して来たと思ってて。いったんは「結果的に私は強くなれた」なんてイキイキしてたんですよ去年くらい。苦労に対する絶対的な自信があった。でもだめだ、最近はまた思い出しては苦しんで、あの時死んでおけばよかったなと、朝目覚めては思い仕事しながら思い寝る直前までそう思っている。

いったんはイキイキしていたのに、どうしてだろうって、またあの頃の私にって、多分あれだ、あの時すごく幸せだったんですよね。
去年水商売をやめて、普通に会社員になって、金銭面はともかく体調も精神面も楽になって、優しい恋人もいたし(別れたけど)、とにかく気分が良かった。気がする。

あのね、今本当に、ダメなんですよ。目が覚めてまず死にたいなぁと思い、眠る時まで。でも普通に過ごしてるんです、しっかり化粧をして髪も服も整えて仕事してごはんを食べてちゃんと寝る。精神科どっぷり通っていた頃なんかに比べたらめちゃめちゃ人間。人間じゃなかったから分かる。理性で人間できてる。
でもダメなんですよ。毎日泣いて癇癪起こして物を投げては壊し人を殴り自分を殴り死にたい殺せ殺してやるって叫んでるんですよ。文字起こしてみるとやべーな、さっさと病院行った方がいい。とりあえず市販薬とか民間療法とか初めてみたんですね、だって24時間人間でいたいから。

今だってダメだし、もっとダメなんですよ、過去のことが。ある日人が何気なく蹴ったボールが、コロコロと転がって私の足にぶつかって、それだけで、背後から物を投げつけられては笑われていた頃を思い出す。ストーリーで元同僚見かけてそいつに男とデートしてんの盗撮されて同僚間で回されたっけなということを思い出す。当たり前に犯罪なのに誰も謝ってくれなくて私が大袈裟に騒いでいるみたいな扱いを受けた。悲しいやとメソメソしているときに、きっと抱きしめようとでもしたのだろうか、手が顔の近くで上がるだけで脊髄反射のように、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいと泣きながら頭を抱える、この人には殴られたことないのに。飲み会に行くだけで、昔飲み会から帰宅したら「本当に1人で家に帰ったのか信用ならない。誰か連れ込んでいるんじゃないか」と言われた、証明するために夜中にタクシーで相手の家に行き、証明したのに朝まで説教されたことを思い出す。逐一連絡しろなんて言われてないのに逐一連絡しないと怒られるという強迫観念が、飲み会中の私が、携帯ばっかりいじってる。
なんか早く死んでおけばよかったよ。もう怒られないのに、もういじめられないのに、もう殴られないのに、怖い怖い怖い殴らないで怒らないでと泣いている。

なんも幸せじゃないから去年みたいにイキイキできないんだ。
よく考えなくとも、普通に会社員して、服装も自由で、仕事も評価されて、仲良い同僚もいて、毎日飯が食えて、家族のライングループは毎日盛り上がってて、それだけできっと幸せなはずなんだよ、幸せって思えよ。仕事もできず飯も食えず家族に泣かれたことだってあっただろ。幸せなんだよお前は。
なのに