#もういつやめるか分からないはてなブログ

プライベート、すっげぇ苦しんだ一年だったので思いっきり髪を切りました。元々肩につくかつかないかくらいのボブだったけど更に7~8cm切っちゃった。たのし。

しんどいです。今年は本当に。自業自得だから受け入れるけどやっぱり人生は自分のために生きないといけないし他人に生きる意味を見出すのはやめたい。

そもそもここ数年の私に、自分のためだけに生きるなんて思想が植わってない。恋人のため親のためこうしなきゃああしなきゃ。恋人がそう言うから親がそう言うから。しょうもない社会人すぎてどうしようもなく今年も今年で本気で死のうと思った。プライベート、すっげぇ苦しんだ一年だったので思いっきり髪を切りました。やっぱり人生は自分のために生きないといけないし他人に生きる意味を見出すのはやめたい、

 


やっぱり、人生として「この時期すげぇ楽しかったなぁ」と思い起こす時代って、そこには必ず「抑圧からの解放」がセットになってることに気が付いた。

高校が楽しかったなぁと今でも思うのは、小中学生時代のいじめからの解放があったからだし、上京した後に仙台帰ってきて楽しかったのは東京という環境が私には合わなさすぎたからだし、去年再就職して楽しかったのは時に朝から朝まで続くダブルワークで心身共にへこたれていたことから解放されたからだ。

今年は気が付いたら抑圧を受けていて、ずっと知らないフリをしてきて、気が付いたら何度も泣いて何度も倒れて痩せたり眠れなかったり人生初めて声が出なくなり家の些細な物音にまで悲鳴をあげるほどになり2年半ぶりの通院をし、年末が近付いている。まだ解放感は得られていないけど、いずれ得るために今できることだけをやって生きている。

 


自分の人生を他人に委ねすぎてきたので、それを知ってから父はなるべく私に「どうしたい?」と意図的に選択権を与えるようにしているようだ。でもいざどうしたいとか聞かれるとほんの些細な予定すら私には決められない。決めるにしてもすぐお父さんはどう思うお母さん怒るかな普通はどうなのかなと。自分の優柔不断さは知っていたつもりだけど、こんなにか?ってほどに何も決められない人間なんだな。だって人生を他人に委ねてきたんだもん、そりゃそうか。その大きな報いを、今は受けているのだろうなと思います。想像以上の出来事になりつつあるけど、もう起きたものは仕方ないので、と、納得できるまでもう少しかなと思います。今は少し悔しいとか虚しいとかです。

 


人生のこと、もっと自分主体で考えたい。誰がどう言ったとか私のこと誰がどう思ってるとか申し訳ないとか、判断材料にはなっても、それしか理由にならないのは人生の選択としてどうなんだ。気が付いたらそんなことでしか物事選べなくなっていた。

かといって今すぐ自分主体で自分の人生の選択をできるのか?っていうのは今の自分のコンディションでは全くあり得なくて。今は最優先でやるべきことが目の前にあるので、それを片付けて、平均的な心の平穏を、いったん手に入れたい。今その目の前のことが、それ以外のことを考える余裕をまるで無くしている。考えようとしたところで不安から逃げるような選択肢しか取れず、実際どうしたいかがまるで見えないし逃げてもいいかもしれないけど同じ逃げるならある程度選択肢がある中で選びたい。今の自分では自分がそうしたいからそうする、という解釈がない。とりとめないけどまずはそのことに気が付いただけでいいや。やりたいことを考える余裕がないから、やらなきゃいけないことやって、余力を得たい、という話でした。あとはずっと弱音ばかりを聞かせた家族や友人に、元気な姿見せて恩返しがしたいね。そのうち全部笑い話になってたらいいなぁ